高速アダルトサーバー・格安レンタルサーバー
アダルトサーバー
電話サポートお問い合わせフォーム


メールに関する質問
メールソフトの設定方法を教えて下さい。

以下は、Outlook の場合です。
他のメールソフトでは、多少、異なる場合がございます。

1.

アウトルックエクスプレスを起動してから、『ツール(T)』⇒『アカウント(A)』をクリックします。

アウトルック1

アウトルック2

2.

『メール』タブの中の『追加(A)』⇒『メール(M)』を、クリックします。

アウトルック3

3.

『表示名(D):』は、自分から他の人に送信した時に、相手側の「送信者」の欄に表示される名前です。
尚、『電子メールアドレス(E):』には、御自身の設定するメールアドレスを入力します。

アウトルック4

4.

『受信メールサーバーの種類(S)』は、「POP3」のままで結構です。
『受信メール(POP3、IMAPまたは、HTTP)サーバー(I):』は、「mail.御客様のドメイン名
『送信メール(SMTP)サーバー(O):』は、「mail.御客様のドメイン名」を御使用下さい。

アウトルック5

メールソフトの設定例)
メールアドレス

御客様が作成されたメールアドレス

例)
ドメイン名:abc.co.jp の場合、info@abc.co.jp
送信用サーバ(SMTP)

mail.御客様のドメイン名または、御契約しているプロバイダーサーバー

例)
ドメイン名:abc.co.jp の場合、smtp.abc.co.jp
受信用サーバ(POP)

mail.御客様のドメイン名

例)
ドメイン名:abc.co.jp の場合、pop.abc.co.jp
ログイン名(ユーザー名)

例) コントロールパネルにて作成したユーザー

※設定される個々のメールアカウントに対応したアカウント名です。
 コントロールパネルにログイン後、確認が可能。
パスワード

例) Y5uQDmp2

※設定される個々のメールアカウントに対応したパスワードです。
  コントロールパネルにログイン後、確認が可能。
DNS変更前の受信サーバーについて
DNS切り替え前は、メールソフトのPOPサーバーの箇所は、 IPアドレスにて設定頂きませんと、受信する事ができません。
尚、受信作業の確認のみとなり 新着メールが確認出来るのは、DNS切り換え後となります。
5.

『アカウント名(A):』(=設定するメールアドレスの該当アカウントと『パスワード(P):』(=設定するメールアドレスの該当パスワードを、それぞれ入力して『次へ(N)>』を、クリックします。

アウトルック6
6.

『完了』を、クリックして完了です。

アウトルック7

【重要】
メールの送受信についてですが、メールがサーバーにない空の状態でも、一度、メールの受信操作を行ってから、20分以内にメールを送信して下さい。
これは、スパムメールなどを防ぐ為に、POP befoer SMTPを採用している為です。

例)
Outlook Expressの場合は、メールソフトのメニューにある【送受信】をクリックしてからメール送信

アウトルック8


メールは、ドメインの登録が完全に完了し有効になるまでは御利用になれません。
尚、設定後、メールのエラーが発生する場合には、マイクロソフト ヘルプとサポートを御参照頂くか、あるいは、表示されるエラーメッセージを御連絡頂きます様お願い致します。

例)  Outlook Express のエラーメッセージ

以下は、代表的なエラーメッセージです。

■エラー番号:0x800CCC79

受信者の1人がサーバーによって拒否された為、メッセージを送信できませんでした。
拒否された電子メールアドレス : 〜 件 名 '〜', アカウント : '〜', サーバー : '〜',
プロト コル : SMTP, サーバーの応答 : '553 〜', ポート : 25, セキュリティ (SSL): なし,
サーバーエラ ー : 553, エラー番号 : 0x800CCC79

原因)
送信したい相手のメールアドレスのスペル(例えば、大文字や小文字の記述にも注意)が間違っていたり、当社のメールサーバーは、POP before SMTP を採用しております為、こちらの制限に引っ掛かっていることが原因です。
また、プロバイダーのSMTPサーバーをメールソフトに設定して、こちらのエラーが発生する場合には、当社提供のSMTPサーバー:mail.御客様のドメイン名 を設定して下さい。

■エラー番号:0x800CCC91

メールサーバーにログオンできませんでした。ユーザー名が拒否されました。
アカウント:’〜’,サーバー:’〜’,プロトコル:POP3,
サーバーの応答:’-ERR You must use APOP to connect to this server’,
ポート:110,セキュリティ(SSL):なし,サーバーエラー:0x800CCC90,
エラー番号:0x800CCC91

原因)
ユーザー名あるいは、パスワード自体が間違っていたり、それらの項目に半角スペースが含まれていることが原因です。

■エラー番号:0x800CCC0E

サーバーへの接続は失敗しました。
アカウント:’〜’,サーバー:’〜’,プロトコル:SMTP,ポート:25,セキュリティ(SSL):なし,
ソケットエラー:10051,エラー番号:0x800CCC0E

原因)
ポート番号が間違っていることが原因です。

■エラー番号:0x800CCC18

セキュリティで保護されたパスワード認証でサーバーにログオンできませんでした。
アカウント:’〜’,サーバー:’〜’,プロトコル:POP3,
サーバーの応答:’-ERR Too few arguments for the auth command.’,
ポート:110,セキュリティ(SSL):なし,サーバーエラー:0x800CCC90,
エラー番号:0x800CCC18

原因)
『ツール』⇒『アカウント』⇒『プロパティ』⇒『サーバー』にある「セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする」の項目にチェックが入っていることが原因なので、チェックを外して下さい。

■エラーメッセージ:553 Sender Address rejected: not logged in

原因)
サーバーに存在しないメールユーザーがメールを送信しようとしています。
メールサーバは、メールを送信する前に、送信者【From】のメールアドレスが正しいものか?
チェックを行います。
このエラーメッセージは、サーバーに存在しないユーザーからメールが送信され様とした事を警告しています。
送信者のメールアドレスに間違いがないか、再度、お確かめ下さい。
プロバイダーのサーバーでは、メールの不正中継を防ぐ為に接続しているネットワークのプロバイダー以外からのメール送信はできないようになっています。
送信サーバーが違うものになっていないか確認して下さい。

また、以下の方法も、お試し下さい。
『ツール』⇒『アカウント』⇒『プロパティ』⇒『サーバー』にある「このサーバーは認証が必要」の項目にチェックを入れて、設定をクリックします。
送信メールサーバーの別ウィンドウが表示されますので、”受信メールサーバーと同じ設定を使う”あるいは、”次のアカウントをパスワードでログオンする”にて、SMTP送信メールサーバーのログオン設定をお試し下さい。


メールソフトに関しては、Vector等のダウンロードサイトから、フリーウェアやシェアウェアがダウンロード可能です。


メールサーバーの容量が超過している為に、メールの受信が出来ない場合、メールサーバーから不要なメールを削除する必要があり、その際、以下の様な2つの方法がございます。

1つは、コントロールパネルから該当のメールアドレスを、一旦、削除して 頂き、再度、作成して頂く方法です。
こちらの方法は、メールサーバー内のメールを確認することは出来ませんが、一括削除が可能です。
但し、もし、サーバー側にメールが残してある場合には、そちらを先にダウンロードする必要があり、一旦、メールアドレスを削除した場合、それらの復旧は出来ませんので、慎重に対応をお願い致します。(※メールアドレス削除後の復旧等については、弊社は、一切、保証及び、責任を負いません。)

もう1つの方法は、リモートメール機能を利用して、特定のメールをサーバーから削除する方法となります。
リモートメール機能は、メールサーバーにログインし、Subject(件名)などのヘッダーだけをリスト化し、存在するメール一通一通に対して、受信や削除することができる機能です。
以下の様なソフトが、「リモートメール機能」に対応しております。
Vector等のダウンロードサイトにて、ダウンロード可能です。

【リモートメール専用ソフトの場合】

○ Windows

  • MailDel for Windows(フリーウェア)
  • Delete On Server

下記にてダウンロード可能です。
http://homepage1.nifty.com/sutak/soft/net.html

○ Macintosh

  • MailDelete

http://www.asahi-net.or.jp/~gj3t-tki/REALbasicAPL/

上記ツールでは、サーバー内の不要なメールを、直接、削除することが可能です。
仮に、容量の大きなメールが詰まってしまった場合も、そのメールを取り除くことで、再び、受信できる様になりますので御利用下さい。(※大変、恐れ入りますが、作業は御客様の自己責任にてお願い致します。弊社は、一切、保証及び、責任を負いません。)

また、受信済みメールが溜まっていく状況といたしまして、お使いのメールソフトの設定で、サーバーに受信済みメールのコピーを残す設定がされている場合、受信済みメールが加算されていき
ディスク容量を圧迫する場合がございます。

例 Outlook expressの場合
ツール>アカウント>プロパティ>詳細設定>サーバーにメッセージのコピーを置く

受信後、すぐに削除する設定や一定期間経過後、削除するなどの設定を行うことも可能なメールソフトもございますので、ご確認願います。
尚、メールソフトのご利用方法についてのご案内は差し上げておりませんので、各ソフト配布元、作成元へ、ご確認願います。

POP Over SSLは、メール受信の際、 SSLを用いて暗号化した通信を行なうセキュリティ機能です。
Outlook Expressなどのメールソフトと当社サーバーの間に流れるデータを暗号化処理します。
POP over SSL は受信時にメールを暗号化する機能です。送信側が SMTP over SSL を利用している場合は送信時もメールを暗号化できますが、そうではない場合は受信時のみの暗号化となります。
以下に、Outlook Express6.0 以上の設定方法を御案内致します。

Outlook Express 6.0 の場合の設定方法

1)
OutLookExpressを起動後、【ツール】から【アカウント】を開いて下さい。

2)
POP Over SSLの設定をするメールアカウントを選択し、【プロバティ】を選択します。

3)
詳細設定】のタブを開き、受信メール(POP3)のすぐ下にある、「このサーバはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要」にチェックを入れます。
POP Over SSLを利用される際には、受信メールPOP3のポート番号が、995になります。

4)
【サーバー】のタブを開き、受信メール(POP3)のサーバー名を、「pop.御客様のドメイン名」からドメインの収容サーバ名ーに変更します。
【適用】を選択後、【OK】で閉じて下さい。

容量を圧迫するので、メールをサーバーに残さない様にするには、どうすればいいのでしょうか?

「サーバーにメールを残す」という設定をした場合、サーバーにメールが蓄積されてしまう可能性がありますので、サーバーに残さない設定にして頂くか、定期的にサーバーのメールを、削除する様お願いします。
以下は、サーバーにメールを残さない様にする為の設定例となります。(Outlook Expressの前提)

1)
『ツール(T)』から『アカウント(A)』を選択して下さい。

2)
『メール』のタブを選択し、設定したいアカウントを選び、『プロパティ(P)』をクリックして下さい。
すると、プロパティの画面が表示されるので、『詳細設定』タブをクリックして下さい。
サーバー上でのメールの扱いを設定するには、「配信」の項目を設定します。
「配信」の選択項目の詳細は、以下を参考にして下さい。

□サーバーにメッセージのコピーを置く(L)

通常は、チェックを外して御利用下さい。
チェックを入れる場合、『サーバーから削除』するにチェックを入れて、「〜日後」に任意な日数を設定して下さい。

□サーバーから削除する(R)

この日付は、受信したメールをサーバーに残して置く日数を指定します。

□[削除済みアイテム]を空にしたら、サーバーから削除(M)

削除済みアイテム(受信メールトレイ内のメールを間違って削除した際に、復元できるようにバックアップを取るフォルダのこと。)から削除した場合に、サーバー上のメッセージも一緒に削除したい場合にチェックを付けて下さい。

メールを送信する際、添付ファイルは何MB位まで添付可能でしょうか?

サーバー側のみの問題ではなく、御利用のネットワークの問題も関連して参りますので、一概には言いかねますが、一般的に共用サーバーの場合、送受信共に5MB程度を目安として下さい。
尚、ファイルを添付される際には、圧縮ソフトでファイル容量を圧縮されることをおすすめ致します。

しかしながら、インターネット上では、どうしてもファイルサイズが膨張致します。
また、メールの本文も含まれます為、 余裕を持ってファイルをお送り下さい。

あまりにもファイルが大容量の場合には、サーバー上に該当ファイルを、FTPソフトでアップロードして頂き、閲覧者に、URL をメールでお知らせする http 上のやり取りを行って頂く方向でも御検討下さい。

将来、POPアカウントを複数追加した場合、それらは個別に転送の形態がとれるのでしょうか?
また、転送先は随時、変更できるのでしょうか?
共に可能です。
メーリングリストは、複数持てるのでしょうか?
複数持った場合、料金は、どうなっているのでしょうか?
初期設定範囲内であれば、複数持つことは可能です。
追加料金は、必要ありません。
ウィルスチェックサービスを申し込んだにも関わらず、ウィルスメールが届きます。

ウイルスチェックサービスでは、御客様のドメイン情報でMXレコードにウイルス検知サーバを追加し、外部からメールが配信された際に、ウイルス検知駆除用サーバーを経由する様に設定しております。
しかし、Sendmailが情報をもっているドメイン宛のメールは、ネームサーバー情報を参照せず、サーバー自身が所有する情報を参照してメールが配信されてしまう為、同一サーバー内にてメール配信が行われた場合にはウイルス検知サーバーは経由せずにメールが配信されます。
メールソフトのSMTPサーバー名を設定する欄にドメイン名を設定されていた場合、そのメールソフトからドメイン名宛に送信されたメールについては、サーバー自身が所有する情報を参照してメールが配信されてしまう為、ウイルスの検知及び、駆除は行われませんので、予め御了承下さい。

こうした事態を回避するには、メールソフトのSMTPサーバーの設定欄にはできるだけ、御契約プロバイダーのSMTPサーバーを設定して頂きます様お願い致します。
尚、ウィルスチェックサービスは、サービスの性質上、100%感染を防ぐことを保証しているサービスではございませんので、ウイルス除去ソフトウェアとの併用で対策を行って頂きます様お願い致します。

また、ウィルス除去が有効になっているかを確認されたい場合、メールのヘッダー情報を見ることによって確認することが可能です。
ウィルス除去サーバーを経由して配信されたメールのヘッダー情報には以下の例の様に、ウィルス検知サーバー(v*.mailsystemes.net)を経由したという記述が記されます。
ウィルス検知サーバーは、複数台ございますので、"*" に入る数字は常に異なります。

ウィルスメールの例)
-------------------------------------------------
Received: (from daemon@localhost)
by sv23.bestsystems.net (8.11.6/8.11.2) id g4E72o245154 for dafdh009;
Tue, 14 May 2002 16:02:50 +0900 (JST)
Received: from v3.mailsystems.net (v3.mailsystems.net [211.125.95.180])
by sv23.bestsystems.net (8.11.6/8.11.2)
with SMTP id g4E72n245143 for ;
Tue, 14 May 2002 16:02:49 +0900 (JST)
Received: from unknown(211.100.79.220)
by v3.mailsystems.net via csmap id 28433;
Tue, 14 May 2002 16:01:52 +0900 (JST)
Received: from ns ([192.168.0.63])
by csc-srv with Microsoft SMTPSVC(5.0.2195.4453);
Tue, 14 May 2002 16:00:20 +0900
-------------------------------------------------

尚、SPAMメールやウイルスメールは送信元を偽って送信されることがあります。
基本的に差出人のメールアドレスはメールソフトの設定で自由に変更することが可能です。
また、CGIなどを利用して、差出人に御客様のドメインを利用して送信される場合もございますので、必ずしも、御客様のパソコン、及び、サーバーから送信されたとは限りません。
こういった場合、他のサーバーを利用して送信されたものと思われますが、インターネットの仕組み上、御客様のドメイン名が利用されないようにすることは困難かと存じます。
メールヘッダー自体も偽装されることがある為、必ず信用できるものではなく、送信元の特定も難しい状況です。
不審なメールや身に覚えのないメールなど、 御客様が不要と判断されたメールは、そのまま削除することを推奨致します。

▲サポートトップページに戻る
アダルトサーバー ip分散サーバー アダルトレンタルサーバー アダルト専用サーバー