vps
格安 VPS レンタルサーバー比較サイトは、こちら

 VPS・MPS・アダルト専用サーバーのお問い合わせ先    お問い合わせメールフォーム
ホーム
レンタルサーバー トップページ
アダルトサーバー
レンタルサーバー アダルト共用サーバー 機能&料金
レンタルサーバー アダルト専用サーバー 機能&料金
ネットショップサーバー
レンタルサーバー レンタルサーバー機能&料金
VPS 仮想サーバー
レンタルサーバー VPS ホスティングサービス機能&料金
> VPS のプラン別料金表・サーバースペック表
アダルト専用サーバーのプラン別料金表・サーバースペック表
サブホストの追加とオプションについて
VPSのメリット
サーバースペック詳細
セキュリティーの監視体制と設備
VPSのデフォルト及び、追加可能なアプリケーションについて
各種アプリケーション関連サイトリンク集
VPSと専用サーバーのコスト比較
専用サーバーと共用サーバーのメリット・デメリット比較
バーチャルホストドメインネームサーバー追加申請フォーム
VPSオンラインマニュアル
VPSのお申し込み
IP 分散サーバー
レンタルサーバー IP 分散サーバー
独自ドメイン取得
レンタルサーバー ドメイン取得サービス機能&料金
カード決済/サイト作成
アダルトクレジットカード決済代行 Webサイト作成オプション機能&料金
オーダー注文フォーム
レンタルサーバー 銀行振り込み@クレジットカード決済によるサービスお申し込みフォーム
アダルトサーバー 利用規約
お問い合わせサポート
サーバー お問い合わせメールフォーム
サーバー移転方法
サーバー レンタルサーバーの他社から移転方法
FAQ サポート
サーバー よくある質問と答え&Webサポート
会社概要
サーバー 会社概要
サーバー データセンター詳細
サーバー 個人情報保護方針
サーバー 特定商取引に基づく表示
サーバー 著作権・免責事項

VPSの特徴的な技術の詳細 & Telnet/SSHコマンドプロンプト一覧表



スペック表と重複する箇所もございますが、VPSの特徴は、以下の通りです。

  
最新のハードウェア構成
  
高速ネットワークの接続
  
革新的なソフトウェア
  
複数ドメインの一括管理
  
簡単なコマンド操作による様々なアプリケーションがインストール可能
  
高レベルのセキュリティ



VPS環境では、共用サーバーにはない、以下の様なメリットがあります。

  
サーバー管理者は、ハードウェアのみ管理します。
  
ソフトウェアは、共用サーバーと異なり、ユーザー様毎に独立しています。
  
ソフトウェアは、ユーザー様によって、コントロール可能です。
  
ユーザー様は、インターネットサービスの中核部分を、ほぼ思い通りにコントロール可能です。
  
ユーザー様側で、VPSを自社サーバーのように使用可能です。
  
ファイルのセキュリティシステムや、Telnet/SSH機能も御提供します。




◆VPSの特徴的な技術の詳細
VPSでは、各ユーザー専用のサーバーが分割している為、各々のVPSは以下を付与されております。

  
●IPアドレス
  ●ドメイン
  ●Webサーバー(ログ及び、ファイル)
  ●FTPサーバー
  ●POPサーバー
  ●SMTPゲートウェイ


更に、VPSは上記に加え、以下の設定も可能です。

  ●バーチャルホストドメイン(サブホスト)
  ●バーチャルメールアドレス
  ●バーチャルFTPログイン
  ●ディスク容量制限サポート


ここで、注意して頂きたいのは、VPSはコントロールできない単なるサーバー上の仮想ホストではありません。
VPSでは、ルート権限を与えられます。
Telnet/SSHでVPSにアクセスすると、専用サーバー同様、以下のディレクトリが表示されます。


   ● /dev
  
 ● /usr
   ● /bin
   
● /etc


例)

# cd /etc/proftpd.conf
# pico -w proftpd.con

RootLogin on

 



passwd , aliases , sendmail , .cfファイル , .etc ディレクトリに配置されています。
これらのファイルへアクセスがすることで、以下の様な機能が実現可能です。


  
複数POPアカウントの追加
  
メールエイリアスの追加
  
自動返信機能の設定
  
メールユーザーへのスパムメール防止
  
サーバーへのアクセスコントロール
  
サーバーへの公開・非公開FTPアクセスのコントロール


尚、以下のファイルを含む、usr/local/etc/httpd ディレクトリ構造へのアクセスが許可されています。

  
●httpd.conf
  ●cgi-binディレクトリ


この様に、VPSは専用サーバー同様、Web ・ FTP ・ メールのサービスの完全なコントロールを可能にしております。
専用サーバーと、VPSの大きな違いはディスク容量と価格です。




▲VPSオンラインマニュアル:ナビゲーションへ戻る




◆VPSの主なインターネットサービス
VPSは、以下のサービス及び、アプリケーションを含みます。

HTTP(Web)
FTP(ファイル転送)
POP(メール)
IMAP(メール)
SMTP(メール)


それぞれの、サービスは、あなたのドメイン名で、使用可能です。
また、これらの機能は、下記のユーティリティと連携しています。

コントロールパネル
FrontPage
CGIスクリプト
Javaアプレット


更に、VPS環境は、他の著名なサーバーアプリケーションとも連携可能です。



▲VPSオンラインマニュアル:ナビゲーションへ戻る




◆VPSのApache httpd.conf ファイル編集について
VPSを使うと、WWWサービスへのアクセスが手軽に可能です。
VPSでの、インターネットへのアクセスは自社サーバーの管理に追われることなく、多くのオンラインWebコンテンツを閲覧可能にします。
また、コスト削減というメリットのみでなく、今までよりも、専門的なWebサイトを御社のエンドユーザーに提供することが可能です。

更に、VPSには、Webレイヤー暗号化モジュール及び、SSLを追加することが可能です。
この暗号化処理によって、安全なインターネット上での交信が可能な為、エンドユーザーが、クレジットカード決済を行う際には安心感や信用を与えることが可能です。
その他の、拡張モジュール ・ CGIスクリプト ・ Javaアプレットやサーバーアプリケーションも使用可能です。


Apache の設定は、/usr/local/apache/conf のディレクトリ直下にある httpd.conf というテキスト形式の設定ファイルで編集します。(バックアップファイルは、/backup/usr/local/apache/conf 直下になります。)
尚、サブホストドメインの場合には、/home/ログインユーザー名/www/サブホストドメイン ディレクトリ直下にファイルが格納されております。


以下は、httpd.conf ファイルの編集例ですが、あくまで、一例となりますので、編集される場合には、必ず事前にバックアップをお取り頂き、御確認頂いた上で、編集作業を行って頂きます様お願い致します。
尚、個々のhttpd.conf ファイルの編集に関しては、サポート対象外となりますので、予め御了承下さい。


httpd.conf ファイルのバックアップ方法の例

# cd コマンドで、/usr/local/apache/conf ディレクトリへ移動後、以下の様に # cp コマンドを実行

# cp -rp ./httpd.conf ./httpd.conf.20100105.backup(※任意のバックアップファイル名)   

また、バックアップファイルを、リストア(ファイル復活)させる場合には、以下を参考にして下さい。

# cp -rp ./httpd.conf.20100105.backup(バックアップファイル名) ./httpd.conf(リストア先ファイル名)




また、httpd.conf ファイルを編集後は、Apache を再起動させないと、編集内容は反映されません。

以下は、Apacheの設定ファイルの記述に、ミスが無いか確認するコマンドになりますので、編集された後や正常に動作しない場合などに、御活用下さい。

# httpd -t
Telnet/SSHにてログインして、上記コマンドを実行後、エラーが無ければ、「Syntax OK」と表示されます。  




Apache の構成について
Apache は、一見すると複雑に見えますが、設定ファイル自体が、大半は、指示子とコメントで成り立っています。

指示子 指示子は、Apache の動作を指定するコマンドを設定します。
コメント コメントは、不要な指示子をコメントアウト(指示子の削除停止)したりします。


指示子について
例えば、任意のディレクトリのみに設定を行いたい場合、<Directory>タグを使って、以下の様に編集して下さい。

例) CGI を実行させたいディレクトリ領域に、ExecCGI を追加

<Directory "/www/ドメイン名/cgi-bin">
Options Indexes FollowSymLinks ExecCGI    
AllowOverride None
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>
これで、cgi-bin ディレクトリとそのサブディレクトリに、CGI 実行の設定が反映されます。


httpd.conf ファイル編集の際のコメントアウトについて
コメントアウトとは、プログラムのソースコードやソフトウェアの設定ファイルなどを部分的に編集する際、消したい内容を実際に消してしまうのではなく、コメントアウト化することで、一時的に機能しない様にすることです。
httpd.conf ファイルの場合、指示子を削除(つまり、一時停止)したい時は、以下の様に、シャープ「# 」を、先頭に付与して、コメントアウトします。


# ServerRoot   /usr/local/apache  

Apache の設定について
Apache の設定は、httpd.conf ファイルが存在している /usr/local/apache/conf のディレクトリ直下内のファイルで可能です。
以下は、基本的な <Virtual Host> 内の構成です。

例)

<Virtual Host>

"サーバー名(ServerName)         
DOMAIN
サーバー管理者(ServerAdmin)      admin@
DOMAIN
"ドキュメントルート(Document Root)   /home/admin/www/
DOMAIN
"スクリプトエイリアス(ScriptAlias)     /cgi-bin/ /home/admin/www/cgi-bin/
"エラーログ(Error Log)            /usr/local/apache/logs/admin/
DOMAIN-error_log

</Virtual Host>



サーバー名
(ServerName)
バーチャルホストのホスト名を定義します。
サーバー管理者
(ServerAdmin)
エラーが発生した時に、ブラウザに表示されるメールアドレスを定義します。
ドキュメントルート
(Document Root)
ドキュメンルートトディレクトリを定義し、どのディレクトリからファイルが表示されるかを指定します。
ドキュメントルートは、既に、存在するディレクトリである必要がある為、万が一、存在しないディレクトリを指定すると、自動的にそのディレクトリが作成されます。
ドキュメントルートディレクトリを定義する時には、最後に、スラッシュ(”/”)を使わないようにして下さい。
スクリプトエイリアス
(ScriptAlias)
Webサーバーが実行するCGIスクリプトが存在するディレクトリを定義します。
サブホストユーザーにCGIの権限を与える場合は、そのCGIが、バーチャルサーバーのディレクトリツリーに対する権限を所有することに御注意下さい。
スクリプトエイリアスに存在しないディレクトリを定義すると、自動的にディレクトリが作成されます。
エラーログ
(Error Log)
Webサーバーで発生するエラーログを記録するファイルを定義します。
</Virtual Host> VPSの場合、テンプレートから自動的に適用することができます。


Apache によるディレクトリへのアクセス拒否

Apacheで、ディレクトリへのアクセス拒否行うには、httpd.conf ファイルで、以下の様に指定して下さい。
これにより、サイト内の全てのディレクトリに対して、アクセス拒否を実行することが可能です。

<Directory />
   Order deny,allow
   Deny from all
</Directory>

また、個々のディレクトリに対して、許可をするには、以下の様に指定して下さい。

<Directory /www/ドメイン名/>
   Order allow,deny
   Allow from all
</Directory>


フォルダへのアクセスで、Index of の表示回避方法
/usr/local/apache/conf/httpd.conf のなかに以下の記述がありますので、
Options Indexes FollowSymLinks MultiViews

Options FollowSymLinks MultiViews
に変更して下さい。


Apache によるサーバーのパフォーマンスを向上化
Apache を高速化させるには、以下の点を修正する必要性がございますが、これら全てを修正すると、サイトの運営自体にも影響が生じますので、御客様の状況に応じて、使い分けて下さい。
尚、提示してある数値は、あくまで1つの目安です。


必要の無いモジュールのコメントアウトは外さない様にする
Apache には、デフォルトで、各種モジュールがインストールされており、デフォルトでは、全てコメントアウト化されており、そのコメントを削除することにより、それらのモジュール使用可能する仕組みになっております。
従って、この場合、必要なモジュールのみをコメントアウトを外してあげれば、その分、サーバーのパフォーマンスが向上します。


.htaccess ファイルを設置しない様にする
.htaccess を使用すると、訪問者から該当するディレクトリに対して、要求があった際、逐一、.htaccess ファイルを探しますので、これが余分な動作となり、Apache の遅延に繋がります。
.htaccess ファイルを、サーバーで使用しない様にするには、httpd.conf ファイルを以下の様にして下さい。


<Directory />
 Options FollowSymLinks
 AllowOverride None
</Directory>

尚、サイトの構成上、.htaceess が必要な場合には、以下の様に、ディレクトリパスを指定して下さい。

<Directory /www/ドメイン名/>
 Options FollowSymLinks
 AllowOverride All
</Directory>


KeepAlive(TCP接続機能) をOnにする
httpd.conf ファイルの78行目にある KeepAliveをOnすると、サーバーのパフォーマンスが向上します。
但し、メモリを節約されたい場合になどには、Offにします。



MaxKeepAliveRequests(アクセスされる毎の最大リクエスト数) の数値の調整
httpd.conf ファイルの85行目にある MaxKeepAliveRequestsを、仮に、デフォルトで、100となっている箇所を、例えば、300などの大き目の数値にしてあげることで、サーバーのパフォーマンスが向上します。

TimeOut の数値の調整
httpd.conf ファイルの91行目にある TimeOutの値を、デフォルトでは、15となっておりますが、これを、例えば、10(秒)などの小さな値にすると、サーバーへのパフォーマンスの影響を軽減することが可能です。

MaxClients の数値の調整
httpd.conf ファイルの122行目にある MaxClients の値を、仮に、デフォルトで、100となっている箇所を、これを、例えば、150などの大きな値にすると、サーバーへのパフォーマンスの影響を軽減することが可能です。
但し、通常の場合、最大値は、256までとなります。


DNSの逆引きの停止
httpd.conf ファイルの469行目にある HostNameLookups を、on に設定して頂ければ、IPアドレスに対するホスト名を調べるためにDNSの逆引きが行われ、off にすれば、その作業を停止します。
従って、常時、off にしておけば、Apache に余分な作業を指示しませんので、その分、サーバーのパフォーマンスの向上に繋がります。


HostNameLookups off








※Apache2 について補足

DNS変更前に、コンテンツ確認をする方法
line 141,452,465,478 を、/home/ユーザー/www/ドメイン名とすることで、DNS変更前にIPアドレスのURL:http://IPアドレス でコンテンツ確認が可能になります。



Apache2 パフォーマンス調整方法
Apache2 の場合、httpd.confファイルは、cd /usr/local/apache2/conf ディレクトリーにありますので、移動して頂き、cmd less httpd.conf をタイプして頂きますと、httpd.confの中身を見ることが出来ますので、そこで、例)/f MaxClientsとタイプして下さい。  
そうしますと、MaxClientsを探し出すことが出来ると思います。  
line を表示するには-N(大文字)となります。  
viで変更する際にもこの番号が有効になります。

httpd.confの変更箇所ですが、それぞれ以下の通りです。
・MaxKeepAliveRequests
Line 1052

・TimeOut
KeepAlive Timeout Line 1058
The number of seconds before receives and sends time out Line 1039
SSL SessionCache TimeOut Line 1169

・MaxClietnts
line 141,452,465,478
になります。











▲VPSオンラインマニュアル:ナビゲーションへ戻る




◆VPSのFTPサービス
FTPは、御客様がファイルを他のコンピューターからダウンロードすることを可能にします。
バーチャルFTPサービスによって、あなたの会社情報などを顧客がダウンロードすることも可能です。
例えば、顧客が製品カタログや、価格表をダウンロードしたりすることで、最新の情報を即座に提供することを可能にし、同時に、印刷代や郵送代などのコストを大幅に削減します。
バーチャルFTPサービスは、ftp://ftp.御客様のドメイン名の様な簡単なアドレスにて運用可能です。
FTPアドレスは、専用サーバーと同じように表示することが可能です。
また、匿名とプライベートアクセスの両方を設定することが可能になります。



▲VPSオンラインマニュアル:ナビゲーションへ戻る




◆VPSのメールサービス
POPにより、御客様はサーバーに直接、ログインして、扱いづらいメールプログラムを使用せずに、メールを読むことが可能です。
御客様は、普段、使い慣れたメールソフトを使用して、メールにアクセスします。

バーチャルPOPサービスは、低価格で専用のシステムを確立でき、インターネットの専用回線コストを削減するこが可能です。
バーチャルPOPサービスでは、必要な分だけのメールアカウントを作成することが可能です。
POPクライアントの設定は、非常に簡単で、プロバイダーへのアクセスを利用して読むことも可能です。
また、バーチャルPOPサービスには、メールアカウント数の制限はありません。
バーチャルPOPサービス無しには、ゲートウェイ商品(Novellなど)の購入が必要になります。
これは、非常に高価なものなので、実用的ではありません。
逆に、バーチャルPOPサービスは、複数のメールアカウントの設定を無料で行うことが可能です。



▲VPSオンラインマニュアル:ナビゲーションへ戻る




◆VPSのIMAPサービス
IMAPは、リモートメールサーバーに保存されたメールへ、アクセスする方法です。
例えば、IMAPサーバーに保存されているメールを、それぞれのパソコンに、わざわざコピーすることなく、自分の家のパソコン、事務所のパソコンから操作することが可能です。


注意) 
仮に、メールが1台のパソコンからのみアクセスされる場合は、POPのほうが適しています。



▲VPSオンラインマニュアル:ナビゲーションへ戻る




◆VPSのSMTPサービス
SMTPサービスを使うと、メールを送信することが可能です。
バーチャルSMTPサービスで、メールを有効なビジネスツールとして活用できます。
メールを利用することで、長距離電話などの電話料金を削減することが可能です。



▲VPSオンラインマニュアル:ナビゲーションへ戻る




◆VPSの遠隔管理
VPSでは、Telnet ・ SSH ・ FTP ・ Windowsファイル共有で接続が可能です。
これらのユーティリティを使うことで、サーバーを遠隔地から管理することが可能です。
以下の情報は、VPSへの接続の際、必要となる用語とその解説です。

用語 解説
ドメイン名 御客様のドメイン名
ホスト名 ドメイン名と同じ。
ホストを求められた時は、ドメイン名あるいは、IPアドレスを入力して下さい。
ログイン名 デフォルトのログイン名は、設定情報に記載されております。
ユーザー名 ログイン名と、同義
IPアドレス VPSに付与された、IPアドレス
ポート VPSに接続するプログラムによって、ポート番号を指定。
但し、ポート番号を求められることは、ほとんどありませんが、以下に、代表的なポート番号を記載しておきます。

FTP 21
SSH 22
Telnet 23
SMTP 25
http 80
POP 110
IMAP 143
https(SSL) 443



▲VPSオンラインマニュアル:ナビゲーションへ戻る




◆VPSのTelnet/SSHコマンドプロンプト一覧表
Telnet/SSHのセッション中、VPSでは、以下のどのコマンドも使用可能です。
”-”(ハイフン)の前には、半角スペースを入れて下さい。
当然、他のコマンドも利用可能ですので、関連サイトや書籍などを参考にして御利用下さい。
尚、御契約時期の相違により、VPSのバージョンが異なる場合、御利用頂けないコマンドが存在する場合もございますので、予め御了承願います。


ファイルを管理するSSHコマンド
コマンド 機能
# cd ディレクトリ名 1段下位のディレクトリへ移動

例えば、# cd /home/admin/index という様にディレクトリを
絶対パスで指定すると、どのディレクトリにいても目的の
ディレクトリに移動可能です。
引数を省略した場合には、ホームディレクトリに移動します。
# cd ディレクトリ名/ディレクトリ名 2段下位のディレクトリへ移動
# cd ../ 1段上位のディレクトリへ移動
# cd ../.. 2段上位のディレクトリへ移動
# mkdir ディレクトリ名 ディレクトリの作成

例)
 【〜/www/htdocs】というディレクトリを作成する場合

1, # cd /homeで、移動
2, # mkdir wwwで、1番目のディレクトリ作成
3, # cd wwwで、作成したディレクトリへ移動
4, # mkdir htdocsで、2段目のディレクトリ作成して、完了
# mkdir ディレクトリA/ディレクトリB ディレクトリAの下位に、ディレクトリBを作成
# rmdir ディレクトリ名 空のディレクトリを削除する
# touch ファイル名 中身が空のファイルを作成する
# touch -c ファイル名 新規に中身が空のファイルを作成する
# rm ファイル名 ファイルの削除

例) rm -i ファイル名   確認しながら削除
rm ./.htaccess ※.htaccess ファイルを削除する場合


# rm -rf ファイル名 ファイルの保護モードが、オーナーの書き込みなどを
禁止していても、確認せずに強制的に対象ファイル及び、
その直下のファイルをを削除する。
# vnukelog ログファイル名
# rm /www/logs/ユーザー名/*
アクセスログやエラーログファイルの一括削除
尚、# vnukelog -i と実行することにより、
オプションモードに切り替わり、
削除するログファイルを選択可能となります。
# mv ディレクトリ名 移動先ディレクトリ名 ディレクトリ内の下位のディレクトリも全て移動
# mv -i ファイル名 移動先ディレクトリ名 同名のファイルがある場合は、確認してからファイルの移動
# find ディレクトリ名 -name ファイル名 -print
# locate ファイル名
ファイルをディレクトリから検索
# chown ユーザー名:グループ名 ファイル名
# chown ユーザー名 ファイル名
指定したファイルの所有者を変更します。
「ユーザー名」に所有者を変更する対象ユーザー名を指定、
「グループ名」に任意のグループ名(例:www )を指定します。

例)
 # chown ユーザーID /usr/local/lib/php.ini
 # chown -R Administrator
 
所有者をAdministrator にする


# chmod パーミッション ファイル名 ファイルやディレクトリのパーミッションを設定する

例)
 # chmod 644 ファイル名(例:test.pl )
 # chmod 755 ディレクトリ名(例:www/cgi-bin )

644や755は、パーミッションの数値
# cp 指定ファイルをコピーする
尚、# cp -Rで、指定したディレクトリ全てコピー

例1)
 # cp test www

ファイルtestを、wwwディレクトリへコピー


例2)
 # cp -rp /backup/usr/local/urchin5 /usr/local/urchin5

バックアップから、Urchin5 と、その権限そのままコピー

例3)
 # cp -r /home/userA/*.html /home/userB

userA 以下の全てのHTMLファイルを、userB にコピー

例4)
 # cp index.html ../../www/index.htmml

index.html を、2つ上位のディレクトリへコピー


# vadduser メール及び、FTP用バーチャルユーザーの追加
# vrmuser 特定のバーチャルユーザーの削除
# vlistuser ユーザーの一覧表示を出力
# virtual バーチャル環境でのプログラムの実行

例)
 # virtual ./test . cgi




ファイルを閲覧するSSHコマンド
コマンド 機能
# ls ディレクトリ内のファイル名のみ出力
# ls -la ファイルの詳細(パーミッション、サイズなど)を出力

例)
 # ls -l ファイル名

.htaccessファイルなどの様にピリオドから始まるファイルも表示する場合には、
# ls -aまたは、# ls -laにします。

一覧表示が画面内に収まらない時には、# ls -la | moreの様に、
”|”(パイプ)を挟み、# moreコマンドと入力することで、
1画面毎に閲覧できます。

# du -s
もしくは、
df -h

現在のディレクトリの使用量の合計を出力
-s を省くと、下位のディレクトリそれぞれについて使用量を出力します。
但し、単位はブロックです。
通常、Unixの場合、1ブロック=512バイトとなります。

例えば、使用量が9000ブロックとすると、9000×0.512=4608KBとなり、
約4.6MB使用していることになります。
※システムによっては、1ブロック=1024バイトで換算する場合もあります。

# du -skまたは、# du -kとするとキロバイト表示になる場合もあります。

また、以下の様に実行すると、該当ファイルの使用量が出力されます。

例)  アクセスログファイルの使用量を出力

  # du /usr/local/apache/logs/access_log


更に、以下のオプションを使用することで、多様な状況を閲覧可能です。
# du -ckx | sort -n
# du -sk -c /*
# du -kx / | sort -n
# cat ファイルを結合して出力あるいは、ファイルの中身を出力

例)
 # cat /etc/hosts
# cat /dev/null > ログファイル 指定した対象ログファイルのリセット

例) 以下の場合、suexec_log ファイルをリセット

 # cat /dev/null > suexec_log



ファイル内容を編集するSSHコマンド
コマンド 機能
# pico -w ファイル名 エディタpicoを使って、ファイルを編集
詳細は、こちらを御覧下さい。

例) httpd.conf ファイルを編集したい場合

   # pico -w httpd.conf

# vi ファイル名 エディタviを使って、ファイルを編集
詳細は、こちらを御覧下さい。
# nkf ファイル名 文字コードの変換を実行

例)
 # nkf -j ファイル名.txt > 変換するファイル名.txt   該当ファイルを、JISに変換
 # nkf -s ファイル名.txt > 変換するファイル名.txt   該当ファイルを、シフトJISに変換
 # nkf -e ファイル名.txt > 変換するファイル名.txt   該当ファイルを、EUCに変換

変換前のファイル名と変換後のファイル名は異なる名前にして下さい。




ファイルを圧縮・展開するSSHコマンド
コマンド 機能
# tar cvf ファイルA.tar ファイル群 ファイル群を、ファイルA.tarにまとめる
# tar cvzf ファイルA.tgz ファイル群 ファイル群を、ファイルA.tgzにzip圧縮してまとめる
# tar xvf ファイル.tar tarファイルを展開(解凍)する
# tar xvzf ファイル.tgz tgzファイルを展開(解凍)する




サーバーのプロセスを管理するSSHコマンド
コマンド 機能
# su パスワードを要求されるので入力すると、スーパーユーザーになる

例)
 # su root
# restart_apache Apache Webサーバーの再起動コマンド

Apache Webサーバーをリスタートさせるコマンドです。
httpd.confファイルを編集された際などに、設定を反映させる為に使用します。 
# httpd -t Apache のエラー検索コマンド
実行すると、設定に誤りがある箇所と内容が判明します。
エラーが無ければ、「Syntax OK」と表示されます。
# apachectl stop Apache Webサーバーの緊急停止コマンド

Apache Webサーバー停止状態から、再起動するには、# apachectl graceful 
もしくは、緊急再起動コマンド # apachectl restart を実行して下さい。
# reboot
# shutdown -r now
該当サーバーを対象にシステム再起動を実行
# ps -ax
# ps -aux | grep http
# ps -auwx
サーバー内の全てのプロセスを出力
# jobs 現在、自分が実行中のジョブ(プロセスの集まり)を出力
# kill プロセスID 実行中のプロセスやジョブを強制終了
プロセスIDは、# ps コマンドや # top コマンドで確認することが可能

例) 全てのプロセスを殺す場合
    # kill -9 (PID)

# telnet サーバー名 ポート番号 サーバーを経由して、他のサーバーにアクセスする
# history コマンドを実行した過去の履歴を出力

例)  # history 5 で、最新の5件の実行コマンドを出力
# netstat ネットワークへの接続状況を出力

例) 
 # netstat -s で、プロトコル毎の統計情報を出力
 # netstat -an で、その時点でのコネクションを出力
# ping ドメインまたは、IPアドレスへのルートをトレースで出力
ネットワークの遅延発生時などに便利です。

例)  # ping ドメイン名または、IPアドレス




ネットワークを管理するSSHコマンド
コマンド 機能
# open ホストに接続する

例) # open ドメイン名または、IPアドレス
# exit コマンド シェル終了
ログアウトする場合は、# logout
# w または、# who 同時にシステムに、ログインしているユーザーを出力
# whoami ルートユーザーか管理者ユーザー、どちらで作業を行っているかを出力
# finger ユーザー名やユーザーの情報を出力
# passwd ユーザー名 ユーザーのパスワードを変更
変更後のパスワードは、2回入力して下さい。
尚、パスワードは入力しても画面には表示されません。
# nslookup ホスト名 ホスト名からIPアドレスを出力
# arp ホスト名 ホスト名からIPアドレスを出力
# tail ファイル情報が追加されるのを監視
あるいは、ログファイルを監視
ログファイルがあるディレクトリで実行(例:/usr/local/apache/log )

例)
 # tail -f access_log   ログをリアルタイムで出力
# ps サーバー内のプロセスを出力

例)
 # ps -ax   サーバー内の全てのプロセスを出力
 # ps -u    ユーザー名と開始時間を出力
# top サーバーの負荷状況をリアルタイムで出力
# uname システムの情報を出力

例) # uname -a   OSのバージョン及び、その他の情報を出力
# pwd 現在地を表示




その他のSSHコマンド
コマンド 機能
# man コマンド名 コマンドのマニュアルを出力

例)  # man ls

  上記の場合、# lsコマンドのマニュアルを出力
# which コマンド名 実行する命令のファイル位置(パス)を出力

例)
# which uuencode ; which uudecode
/usr/bin/uuencode
/usr/bin/uudecode


# echo 文字列 文字列を出力
# set シェルの組み込み変数の一覧表示を出力
# setenv 変数名 シェル環境変数変更
# init レベル 指定した動作レベルへ移行
# gdd ファイル名 cのファイルをコンパイルし、実行ファイルを作成
# perl ファイル名 Perlスクリプトを実行
エラーが出るのでテストに便利です。
# cal カレンダーを出力
# df
# quota -v
現在のディスク使用量及び、ファイル数を出力



▲VPSオンラインマニュアル:ナビゲーションへ戻る





◆VPSの基本的なディレクトリ構造
VPSは、基本的にUnixマシンなので、Unixディレクトリ構造を、ある程度、理解する必要性があります。

Unixファイルシステム
下記は、Unixパスの一例です。

  /usr/home/あなたのログイン名


パスの最初にあるスラッシュは、ルートディレクトリと呼ばれる最上位のディレクトリです。
usrディレクトリは、ルートディレクトリのサブディレクトリです。



ディレクトリを変更するには、# cdコマンドを使います。
ルートからのパスを指定することで、# cdにて、絶対パスに移動することも可能ですが、相対パスを、下記の様に指定することも可能です。

# cd tmp

上記のコマンドは、現在のディレクトリのサブディレクトリへ移動する為の相対パスを使用します。



# cdコマンドは、簡単なので、すぐに使い慣れます。
下記の一覧表は、# cd単独の使用と、変数を指定した使用で、どのような動作をするかの一覧です。
これらのいくつかを、テストしてみて、# pwdで現在のディレクトリを確認してみて下さい。

コマンド 使用例             機能
# ls # ls
# ls/usr/home
現ディレクトリのファイル一覧を表示
/usr/homeディレクトリのファイル一覧を表示
# pwd 現在のディレクトリのパスを表示
# cd # cd
# cd/usr/home
# cd..
# cd../logs
指定したホームディレクトリへ移動
/usr/homeディレクトリへ移動
一階層上のディレクトリへ移動(..は、親ディレクトリを指す。)
一階層上のディレクトリへ移動し、logsディレクトリへ移動
# mkdir # tmp ディレクトリ tmp を現在のディレクトリに作成
# rmdir # tmp tmpディレクトリの削除
# rm # rm test
# rm -f test
# rm -rf tmp
testファイルの削除
testファイルを確認せずに削除
tmp ディレクトリと配下のサブディレクトリとファイルの全てを削除
# cp # cp test test.new testファイルを、test.newへコピー



以下は、システムシンボルと定義です。
シンボル 定義
 . 現在のディレクトリ
 .. 親ディレクトリ
 / 最初に使われた場合は、ルートディレクトリを意味し、
途中で使われた場合は、識別子



ディレクトリとファイル
VPSは、デフォルトで、以下のディレクトリとファイルを持っています。
ちなみに、波線符号(〜)は、「/usr/home/あなたのログイン名」を意味します。
「/usr/home/あなたのログイン名」ディレクトリは、VPSにTelnetかSSHで接続している時のみ閲覧可能です。
VPSに、FTPかHTTPDで接続する場合は、ルートディレクトリは、「/usr/home/あなたのログイン名」から、「/」へと変わります。
# ls -l
total 7

drwxr-xr-c  2  bob  vuser  512  Apr 11 17 : 48   bin
drwxr-xr-c  2  bob  vuser  512  Feb 5 19 : 52    dev
drwxr-xr-c  2  bob  vuser  512  Jun 28 15 : 38   etc
drwxr-xr-c  2  bob  vuser  512  Jan 7 13 : 53    ftp
drwxr-xr-c  2  bob  vuser  512  Jun 19 16 : 35   tmp
drwxr-xr-c  2  bob  vuser  512  Jan 17 12 : 42   usr
drwxr-xr-c  2  bob  vuser  512  Jun 19 16 : 35   var
lrwxr-xr-x   1  root  vuser  19   Apr 1 10 : 31   www ->

usr/local/etc/httpd



ディレクトリの説明

ディレクトリ      説明
〜/bin ftpや、sendmail等のプログラムを保持
〜/dev ゴミ箱(〜/dev/null)
〜/etc passwd,resolv,conf,aliases,sendmail.cf といったサーバー設定ファイルを持つ
〜/ftp 匿名FTPディレクトリ
〜/tmp テンポラリファイル
〜/usr このディレクトリは、これより以下のサブディレクトリを持つ
〜/usr/home 御客様のホームディレクトリ
〜/usr/mail 御客様のメールは、ここに保管されます。
各ユーザーは、メールログイン名のメールファイルを持つ
〜/usr/log メール転送ログ ・ FTP ・ Telnetログなど
〜/usr/spool/mqueue 配送待ちのメールを持つ
〜/usr/bin サーバープログラムを保持
〜/usr/local httpd や、frontpage を持つ
〜/usr/local/etc/httpd バーチャルhttpdサーバーの、ルートディレクトリで、
これより以下のサブディレクトリを持つ
〜/usr/local/etc/httpd/htdocs HTMLファイルを保持する(Webコンテンツは、ここに配置。)
〜/usr/local/etc/httpd/cgi-bin CGIスクリプト用ディレクトリ
〜/usr/local/etc/httpd/conf HTTPD.CONFサーバー設定ファイル
〜/usr/local/etc/httpd/logs HTTPDサーバーログファイル
〜/var メールやログなどのファイル
〜/www 〜/usr/local/etc/httpd へのリンク



VPS外のディレクトリ
VPSのディレクトリに加えて、VPS外のいくつかのディレクトリを知っておく必要があります。
これにより、Telnetまたは、SSH接続中にアクセスすることが可能です。
ディレクトリ    説明
/usr/local/contrib コントロールパネル , Perl , CGI等のプログラムの
インストールファイルを持ち、ディレクトリの内容は、
常に更新されています。
更新内容は、Webサイトで公開されています。
/backup/home/あなたのログイン名 VPSの圧縮されていないコピー。
VPSは、毎晩コピーされ、削除したファイルは、
バックアップから見つけることが可能です。

 /backup/home/あなたのログイン名



▲VPSオンラインマニュアル:ナビゲーションへ戻る




◆ファイル所有者と権限

出力の定義
このセクションでは、# ls -lコマンドの出力を詳しく解説します。
# ls -l
total 7

drwxr-xr-x   2   bob   vuser   512  Apr 11 17 : 48  bin
drwxr-xr-x   2   bob   vuser   512  Feb 5 19 : 52   dev
drwxr-xr-x   2   bob   vuser   512  Jun 28 15 : 38   etc
drwxr-xr-x   2   bob   vuser   512  Jan 7 13 : 53   ftp
drwxr-xr-x   2   bob   vuser   512  Jun 19 16 : 35  tmp
drwxr-xr-x   2   bob   vuser   512  Jan 17 12 : 42  usr
drwxr-xr-x   2   bob   vuser   512  Jun 19 16 : 35   var
lrwxr-xr-x    1   root   vuser   19    Apr 1 10 : 31   www ->

usr/local/etc/httpd


左側の列から順に解説します。
  定義
drwxや-rw(例:drwxr-xr-x) ファイルモードを定義
ファイルモードは、ファイルタイプと権限を示す
Number of links(例:2 ) 他のファイルへのリンクの数
Owner name(例:bob , root) ディレクトリまたは、ファイルの所有者のログイン名
Group name(例:vuser) ファイルが属するGroup ID
Size(例:512) バイト数で表す
Date and time(例:Apr 11 17 : 48) 最終更新日のタイムスタンプ
Pathname(例:bin) ファイル名



ファイルモード
ファイルモードは、ファイルタイプとファイル所有者とグループに対する権限を、10文字で表します。
最初の文字列が、ファイルタイプを示します。
文字列の意味は、以下の通りです。
文字列 説明
- 通常のファイル
d ディレクトリ
1 他のファイルまたは、
ディレクトリへのリンク
(リンクは、最後に表示)



次の9文字は、3文字ずつ3つのグループに分割され、それぞれがファイルモードを決定します。
所有者、グループ、その他の権限を順に表します。
ファイルモードの詳細は、以下の通りです。
文字列 権限
- 指定無し
r 読み取り 4
w 書き込み 2
x  実行 1


testファイルは、-rwxr-x--- で、755のファイルモードを持ちます。
# chmodコマンドで、権限を変更する際に、数値が使われます。

# chmod 755 test

数字は、The number changes the test のファイルモードを所有者に対し、読み込み、書き込み、実行権限を与え、グループとその他には、読み込みと実行権限を与えます。
ファイルモードは、これで以下の様になります。

-rwxr-xr-x

より詳しい情報は、# manコマンドや# chmod 及び、Unixコマンドプロンプトで入力すると表示されます。



▲VPSオンラインマニュアル:ナビゲーションへ戻る





◆picoエディタ・viエディタによるオンラインファイル編集

picoエディタで編集する
picoは、後述する、vi よりも簡単です。
カーソルを移動したり、テキストをそのまま編集可能です。
コマンドは、画面下部に表示されています。
ファイルを編集する場合には、以下のコマンドを実行します。

# pico -w ファイル名


例) Apache の httpd.conf ファイルを編集したい場合

   # cd コマンドで、/usr/local/apache/conf ディレクトリへ移動後、# pico -w httpd.conf と入力



piccエディタの操作メニューの一例
picoの操作メニューは、下記を参考にして下さい。
尚、画面上の「^」は、キーボードの『Ctrl』キーを表していますので、『Ctrl』キーを押しながらという意味です。
従って、^Xは、『Ctrl』+『X』となり、Exit(終了)となります。
また、改行する場合には、『Enter』キーとなります。
編集作業を終了する場合ですが、作業内容は現在のファイル名に、拡張子.save を付けて保存されます。
現在のファイルに名前を付けていない場合には、pico.save というファイル名で保存されます。

^G Get Help(マニュアル)  ^O WriteOut(ファイルの保存)  ^R Read File(ファイル読み込み)
^K CutText(カット)  ^X Exit(終了)   ^W Where is(文字列探し)   ^U UnCut Text(ペースト) 



pico エディタの編集コマンドの一例
入力キー 効果
# pico picoの起動
# sh 保存したファイルの実行

例)
 1, 『Ctrl』+『O』とで、ファイル保存画面へ
 2, ファイル名の例:abc.pl と入力して、『Enter』キーでリターン
 3, 『Ctrl』+『O』で、picoで編集したファイルを保存して終了
 4, # sh abc.pl で保存したファイルを実行
Ctrl+r 編集したいファイルを読み込みます。
編集したいファイル名を入力して、『Enter』を入力します。
# pico -w ファイル名を指定して、picoを起動する。
→ ← ↑ ↓ カーソルキー移動エディタ
Backspace+Delete 文字の消去
Ctrl+o ファイルの変更内容を保存する。
Ctrl+x picoエディタの終了
最後に、保存するかどうか聞かれるので、Yes/No及び、ファイル名を指定します。
Ctrl+D カーソルがある文字の削除
Ctrl+U ペースト
Ctrl+K カット&コピー
Ctrl+W 文字列の検索サーチ
Ctrl+G picoのマニュアルを呼び出す。



▲VPSオンラインマニュアル:ナビゲーションへ戻る




viエディタで編集する
vi は、Unixの一般的なテキストエディタです。
vi のコマンドは慣れるのに時間が掛かりますが、使いこなせるようになると強力なツールとなります。

vi エディタの編集コマンドの一例
コマンド 効果
# vi ファイル名 vi エディタでファイルを開く
j 一行下がる
k 一行上がる
l 右に動く
h 左に動く
i カーソルの位置で、テキストを入力する
編集モードに入るが、キーボードの『ESC』で編集モードから脱出可能
a カーソルの後ろに、テキストを追加
o カーソルの下に、空の行を作成する
キーボードの『ESC』 編集モードを終了する
キーボードの『SHFT』+g ファイルの一番下へ移動
<ctrl>-g どの行に、カーソルがあるか表示
: 1 , 10d 行1-10を削除
x(小文字のエックス) カーソル上の1文字のみを削除
X(大文字のエックス) カーソルの左の1文字のみを削除
dw カーソル上の1語のみを削除
/ファイル名など 下へ検索サーチ
 : 1 1行目に移動
 : q viの終了
※キーボードの『ESC』を押した後に、”:q”を入力、『Enter』で終了。
 : q ! viを変更を破棄して終了
※キーボードの『ESC』を押した後に、”:q!”を入力、『Enter』で終了。
ZZ viを終了(変更されている場合は、保存してから終了)
 : wq ファイルを保存してから、viを終了
※キーボードの『ESC』を押した後に、”:wq”を入力、『Enter』で終了。
 : %s/test/foo/ ファイル内のtestを検索し、fooと置き換える



▲VPSオンラインマニュアル:ナビゲーションへ戻る




◆VPSのログ(アクセスログ・メールログ・FTPログ・システムログ)

VPSでは、以下の4種類のログファイルが閲覧可能です。

アクセスログファイル /usr/local/apache/logs/access_log に保存されます。
メールログファイル /var/log/maillog に保存されます。
FTP ログファイル /var/log/auth.log に保存されます。
システムログファイル /var/log/各種ファイル に保存されます。

各ログファイルに記録される情報は、分析時に役立ちます。
ログは非常に役に立つものですが、定期的に管理しないと問題発生の原因になることもあります。
ログをクリアする場合は、必要に応じて、# tarコマンドや# zipコマンドでファイルをアーカイブしてから、FTPソフトを利用して、サーバーから御利用のパソコンにファイルをコピー及び、保存しておくといいと思います。



アクセスログファイルについて

アクセスログを閲覧するには、以下のコマンドを実行して下さい。
# tail /usr/local/apache/logs/access_log


ファイルに記録された情報をリアルタイムで表示させる場合には、以下の様に実行して下さい。
# tail -f /usr/local/apache/logs/access_log


アクセスログ 例)
アクセスログは、6つの項目で構成されています。
尚、実際の表示とは、若干、異なりますので、御了承下さい。

123.456.789.1
  user
[25/Aug/2004:12:30:55 -0600]
  299
"GET /index.html HTTP/1.0"
  2510
"http://www.google.com"
"Mozilla/4.0 (compatible ; MSIE 6.00 ; Windows 98)"


このリクエストからわかることは、以下の通りです。

123.456.789.1 というリモートホスト(IPアドレス)から
2004年08月25日 12時30分55秒に、
HTTP/1.0 に準拠したブラウザを使って、index.html というURLがリクエストされ、閲覧者にリターン。
ドキュメントの長さは、2510バイトで、
要求の送信元は、Googleからのリンクです。
サーバーは要求されたリソース (status code 299) して、閲覧者にリターン。
また、使われたブラウザは、Internet Explorer 6 であることが表示されております。

以下、各項目の詳細説明です。
アクセスログ 詳細説明
ホスト名(host name) リモートホストの IPアドレスを意味します。

例)
123.456.789.1
ユーザーID (user ID) アクセスする時に、ユーザーIDが必要な場合は、そのユーザーIDを意味します。
ユーザー認証が不要な場合、ここには何も表示されません。
タイムスタンプ
(time stamp)
[  ] 内に、リクエストが行われた日とその時間が表示されます。

例)
[25/Aug/2004:12:30:55 -0600]
リソースログリクエスト
(resource request)
リソースの要求は、以下の様に3つの様に、分割して表示されます。

A) 要求の方法 (GETやPOST など)
B) 要求されたリソースのURL
C) 閲覧者側で使われているHTTP のバージョン
要求に対するサーバーの応答を表すステータス コード (status code) を意味します。
この数値が、200〜299までの場合は、応答が正常に行われたことを意味します。
数値が、300から399までの場合は、リダイレクトされたことを意味します。
数値が、400以上の場合は、エラーが発生したことを意味します。

例)
  299
"GET /index.html HTTP/1.0"
サイズ 要求されたリソースの正確なサイズ (単位は、バイト数) を意味します。

例)
1200
参照元 (referrer) 参照元Webサイトのリンクを意味します。

例)
http://www.google.com
エージェント (agent) エージェントログは、Webサイトにアクセスする時に使用されたブラウザの一覧です。

例)
"Mozilla/4.0 (compatible ; MSIE 6.00 ; Windows 98)"




メールログファイルについて

デフォルトの設定では、7日分のデータがバックアップとして保存されます。
メールログファイルを表示させるには、以下の手順を実行して下さい。

1)
# less /var/log/maillog


2)
画面に以下の表示がされますので、『Enter』を押して下さい。
press RETURN
『Enter』を押し続けると、次々に新しい情報が表示されます。


メールログ 例)
尚、実際の表示とは、若干、異なりますので、御了承下さい。

Aug 25 12:30:55
Host Domain
sm-ceo[2730]:
h5JAUSmx003831:
from info@domain.com
size=837
class=0
nrcpts=1
msgid=
<30135813543732.G5811100000
@anaheim-e.net>
daemon=MTA (mail transfer agent)
proto=SMTP
relay=mailserver.com [123.456.789.1]
stat=Sent



以下、各項目の詳細説明です。
アクセスログ 詳細説明
タイムスタンプ
(Time stamp)
リクエストされたログが、秒単位で表示されます。

例)
Aug 25 12:30:55
Host(Host) ホストサーバーを意味します。
一般的には、ドメイン名の部分を指します。

例)
Host Domain
プロセスオーナー/プロセス ID
(Process owner/Process ID)
[   ] の外の部分は、プロセス(Sendmail)の所有者を意味します。
[   ] 内の数値は、タスクの実行時に使われたプロセスIDを意味します。

DSN(配信ステータス通知)
 2.x.x は、メール配信が成功したことを意味します。
 4.x.x は、一時的なエラーが発生したことを意味します。
 5.x.x は、完全なエラーが発生したことを意味します。

例)
sm-ceo[2730]:
メッセージ ID Sendmailによって送信されたメールに割り当てられたIDを意味します。

例)
h5JAUSmx003831:
配信エージェント(Delivery agent) メールの受信者または、送信者を意味します。

例)
from info@domain.com
サイズ (バイト単位) 送信されたメールのサイズをバイト単位で表示したものです。

例)
size=837
クラス(Class) -200〜100までの数値が表示されています。
-200は一括処理で、100は速達処理を表します。
数値によって、設定されたメールの優先度を意味します。
数値が大きいほど、メールキュー内でのメールの優先度が高くなります。

例)
class=0
Nrcpts メール配信される受信者数(CcとBccを含む)を意味します。

例)
nrcpts=1
Msgid メールに割り当てられた識別番号を意味します。

例)
msgid=
<30135813543732.G5811100000
@anaheim-e.net>

デーモン(daemon) メール配信に使用された送信者のサーバーデーモンを
意味します。

例)
daemon=MTA (mail transfer agent)
Proto メールの送信に使用されたプロトコル(SMTPなど)を意味します。

例)
proto=SMTP
Relay メールを送信したサーバーを意味します。
[   ] 内の数値は、メールサーバーのIPアドレスを意味します。

例)
relay=mailserver.com [123.456.789.1]
Stat 配信のステータスを意味します。
通常は、「Sent」または、「Queued」として記録されます。

例)
stat=Sent




FTPログファイルについて

FTPログファイルを表示させるには、以下の手順を実行して下さい。

1)
以下の様に入力して下さい。
# less /var/log/auth.log     (他のログインなども兼用)
あるいは、
# less /var/log/xferlog


2)
画面に以下の表示がされますので、『Enter』を押して下さい。
press RETURN
『Enter』を押し続けると、次々に新しい情報が表示されます。


FTPログ 例)
Aug 26 12:30:55 anaheim1 ssh[95130] : Ilegal user from123.456.789.1


以下、各項目の詳細説明です。
FTPログ 詳細説明
タイムスタンプ FTPでログインされた際の日時が表示されます。

例)
Aug 26 12:30:55
ログインユーザーのプログラムの名前 ログインした際のプログラムの名前
あるいは、ログインした際のユーザー名が表示されます。
例)
anaheim1 ssh[95130]
ログインユーザーのリクエストの詳細 ログインユーザーの実行プロセスが表示されます。

例)
Ilegal user from123.456.789.1




システムログファイルについて


以下は、/var/logディレクトリに以下に、作成されるファイルの一覧です。
全てのファイルは、以下の様に実行後、『Enter』を押すことにより、閲覧可能です。
# less /var/log/ファイル名


ファイル名 詳細説明
messages FTPとメールに関する重要な問題が記録されております。
auth.log suやloginなどの認証システムのプロセスが記録されております。
maillog Sendmailで送信された情報メッセージが記録されております。
userlog システムのユーザーに追加された情報が記録されております。
xferlog FTPサーバーを使って、行われた転送プロセスが記録されております。
cron cronメッセージが記録されております。


以下、警告レベルの一覧表です。
LOG_EMERG システムがパニック状態
LOG_ALERT データベースの欠陥など、早急に修正する必要がある状態
LOG_CRIT システムエラー
LOG_ERR エラー
LOG_WARNING 警告メッセージ
LOG_NOTICE エラーではないが、特別な処理を行う必要がある状態
LOG_INFO 特定の情報メッセージ
LOG_DEBUG プログラムのデバッグ時の正常な使用に関する情報が記述されたメッセージ



▲VPSオンラインマニュアル:ナビゲーションへ戻る
アダルトサーバー
IP分散サーバーアダルト専用サーバー アダルトサーバー
アダルトサーバーIP分散サーバーアダルト専用サーバーIP分散サーバーアダルト専用サーバーアダルトサーバー
Copyright ANAHEIM ELECTRONICS Inc,  All Rights Reserved VPSレンタルサーバー比較